やっぱりベンチャーズ!!!  >> TOP
’60~’70を中心としたグッドミュージックを独断と偏見でご紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ワーキングクラス・ヒーロー、BOSS 健在なり!
London Calling
Live in Hyde Park [DVD]


BRUCE SPRINGSTEEN &
THE E STREET BAND



bruce springsteen

クラッシュのロンドン・コーリングから始まった、いきなりうるうるときてしまった。2曲目のBadlandsで完全に汗まみれになったボスを見ていたら突然涙が溢れ出だした。これはヤバイ!・・・この後のことはあまり覚えていない。


でも、ゲストのガスライト・アンセムの病弱そうで父っちゃん坊や風のヴォーカリストがボスに負けず劣らず素晴らしかったことや、ボスがギターをマイクスタンドにこすりつけて出す音のカッコ良さや、ハイドパークを埋め尽くした5万人の観客の熱狂ぶり、などは鮮やかに覚えている。


しかし、ボスのヴォーカルやギターのなんと暑苦しくアグレッシブなこと、驚嘆だ!バックも相変わらずビシビシと決めてくれる。時は過ぎてしまったけど、みんなイキイキとしている、気迫に充ちている。ボスを聴いてきて、音楽を聴いてきて、心底良かったなぁ、と思わせてくれる作品だ。


ブルーレイとDVD(輸入盤)の両方を購入したが、DVDでも画質はそんなに不満を感じない。むしろ、値段も安いし、ジャケットが良い分DVDをおすすめしたい。



スポンサーサイト
【2010/07/21 18:44】 | ロック | コメント(0)
ベンチャーズ命!で45年

ベンチャーズ命

 団塊世代のオヤジですから、当然ヘンテコなアルバム・レビューになるだろうことは容易に想像できることと思われます。

 ベンチャーズにはじまり、ベンチャーズに終わる (予定) 私ではありますが、お付き合いいただければ幸いです。

 ちなみにターンテーブル上のレコードは PATTI PAGE IN TOKYO です。

文責 : 祝 陽雨

輸入盤に掘り出しもの多し!

ベンチャーズ少なし、反省

ページ下もぜひ ↓↓↓

忙しくて さぼり気味 (-_-; 

仕事系HPはこちら

このブログをリンクに追加する

ブログ内を検索!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。